値段のマジック(管理人の裏話)

どくろマーク

コスメ部.comをご覧いただきありがとうございます。

商材探しをしているのですが、それなりに時間がかかってしまいます。

そこで空いた時間を利用し、管理人のこれまでの経験基づいた裏話をたまに書いて行こうと思います。

今回は第一弾。

「値段のマジック」です。

ちょっと想像してください。

店頭に同じような商品が並んでいます。

①598円

②2980円

この2つが並んでいた場合、どちらが売れるでしょうか?

答えは②

見た目が同じような商品が並んでいた場合、何故か多少高い方が売れたりします。ものすごく値段差があった場合は別ですが、2千円の程度の差なら高い方が売れるんです。

理由。

・安かろう悪かろうだと思う

・高い方が効果がありそう(良い商品ぽい)

実際そうなら問題ありませんが、売ってる方も馬鹿ではありません。この心理を当然理解しています。そして利用します。

例えば先ほどの商品、馬鹿正直な店員さんが値段を付けたとします。

①598円(原価200円)

②2980円(原価900円)

消費者心理を利用した場合

①3480円(原価200円)

②2980円(原価900円)

当然圧倒的に①が売れます。

①がすべて売り切れてから②を他の商品と並べずに売ればいいだけ。

と言っても少し時代も変わってきました。

100円ショップは利用しますか?

弁当などに使う雑貨

スーパーなどでは198円

同じものに見えるのに100均では108円

一昔前は圧倒的に198円の方が売れていましたが今は100均も信頼を得て普通に売れるようになりました。

では実際商品としてはどちらが良いのか?

すべてではない

と注意書きしておきますが、実は

同じもの

なんて商品山ほどあります。

厳密に言えばパッケージが違うので全く同じものという訳ではありませんが、中身は全く同じ工場で作られていて、違いはパッケージと値段だけ。

プライベートブランド、所謂PBと言われる商品も中身は全く同じ事がほとんど。

「作ってる所やお店は得しないじゃん」

と思うでしょうが違います。

PBの場合も100均の場合もそうですが、今まで数種類各社競争させていたものをPB独占で強く売り進める事になります。

製造業者はお店からの注文が増えるため利益は微増します。

お店は注文が楽になる上、ブランドの宣伝にもなるので得をします。

そんな時代の変化の中でも

「高い商品の方がモノが良い」

と思ってしまう方が多くいます。高い商品の方が良い物だという場合も当然ありますが

高い商品の方が原価が安く粗悪品なんてことも結構あるのが実情。

メイドインジャパンというブランド志向で生きてきた我々日本人らしい思考ですが、くれぐれもカモにされないように注意してください。

インターネットで商品を購入する場合も同じですよ。

そうならないようにキッチリリサーチしていきます。